プロフィール

出身地 / 北海道札幌市
誕生日 / 5月3日
好きな言葉 / 人の上に立つ
好きな食物 / うなぎ・鮨
趣 味 / 旅行
所 属 / AMSレコード
いけばな・造形作家として活躍の他、エッセイストとして活動する。

2002年NHK BS 「早坂晩の一期一会花ごよみ」に出演し、富良野・富田ファームで1,000本のヒマワリと白樺・アクリルを使ったインスタレーションを披露し、25分間放映される。

2005年10月札幌で「麗秋と良き隣人たち・R北の街角店」を開催し、生徒18名と共同制作で〈自然との共生〉を表現しTV・新聞で報道。
装飾の会社を経営する一方、20年前より作詞家となり、これまでにポール牧をはじめ、北見マキ、村木賢吉、原一平、ポール里美などに詞を提供。

2005年3月にはガッツ石松のために書いたデュエット曲「チョット恥ずかしい」が全国発売。

2012年 東日本大震災復興の気持ちから「口笛吹いて」を作詞、以来東北に応援に行っている。

日本音楽著作権協会会員/日本作詞家協会会員
日本音楽著作家連合会員/(有)麗プランニングリサーチ代表取締役
沖縄県泡盛大使

札幌タイムス(旧北海タイムス)に定期的にコラムを執筆した後、現在、雑誌「カーピアセロム」にエッセイを掲載、2月で50回を迎えた。

 ディスコグラフィー

思い出の宿 麗秋
思い出の宿
1.思い出の宿
2.涙の数だけ
3.思い出の宿(オリジナルカラオケ)
4.涙の数だけ(オリジナルカラオケ)

アーティスト